「ありのまま・あるがまま3-アール・ブリュツトの芽生えー展」の開催 (八尾市立障害者総合福祉センター・ライフサポートおいばら)

文章は報告書の原文のまま記載

ポスター200枚、チラシ5,000枚、ポストカード400枚、冊子2,000冊を製作し、駅、公共施設、商業施設、福祉施設などに広報を行い、新聞、テレビなどマスコミにも記事の掲載や告知等の依頼を事前に行った。八尾市在住、在勤の作家29名の作品展覧会を開催し、来場者は710名を数えました。本展覧会は、障がいのある人たちが人に見せるために作ったものではないもので、作品として見る人の心を揺さぶるものがあり、障がい者が自ら真摯に作品に取り組み、支援される側から発表する側として活動できる場を提供するために開催しました。 また、関連イベントとしてギャラリートークやワークショップ、作家の活動風景をスライドショーにして映像を流したり、関連図書の閲覧コーナーを設置するなど、観覧者に楽しんでいただき当初の目的を果たすことが出来ました。

平成29年度助成 実施支部:八尾市立障害者総合福祉センター・ライフサポートおいばら